給料日までお金がない

あと5日ですか?3日ですか?給料日まで・・・

まずい・・・給料日までお金が無いよ

数日待てば給料日。給料日の前は皆さんお金の工面に困っているんですね。そう言った日に限って飲み会誘われたり誘惑が多い皮肉なもの。

 

そうならないためにも日々節約して給料日前でも慌てる必要をなくす工夫をしたり、多少遊んでも大丈夫なようにお給料が上がる事を期待したり。

 

 

 

しかし手っ取り早いのがお金を借りる。しかし友達で身近だからってお金を借りるのは緊急時のみにしましょう。お金の切れ目が縁の切れ目と言われるように、お金が原因で友人を失う事って案外多いのです。火のないところに煙は立たないといいますが、その火種を自ら付けるのは止めたほうがいいです。

 

私は親だろうが借りません。まあ1000円とかだったらいいと思いますが、生活費が足りない分を補う、例えば2万円とか借りることはしません。借りるならこういったところから借ります。何しろしがらみも無いし、ちゃんと返せば給料日に返せば無利子になるし、こんな便利なサービスは使わないと損です。

 

そんなサービスの詳細ページです。

 

給料日までの節約術

さて、節約して月給内で生活を行うというのも堅実です。節約自体楽しいかもしれません。節約は無駄遣いを削り、不要なものを買わないため家も狭くなりませんし、ゴミも減らせる。是非お金が潤っている状態でも節約はオススメします。

 

切り詰めると給料日までお金が足りないと言った悩みも回避できるはずです。

 

上手な節約と知恵のページです→節約の大事

 

イヤイヤ、節約は面倒くさい。月の収入を増やして楽しみたい

月給内で生活を収めるのは楽しい生活をしていると難しい。なので飲み会とか遊びの約束は給料日前は断るんだよね・・・

 

これは当然ですし、いい事なのでこのままでいいと思います。が、給料日前で金欠だから飲み会を断るのはイヤだ。どうしよう。だったらこの方法、もしくは、足りない分を稼ぐというのもひとつの方法かと。

 

稼ぐと言っても会社はバイト禁止だし、バレたらクビだよって言う人いるはずです。なのでこういった方法で動くといいでしょう。

 

月給を増やす方法のページです。月々の収入を増やす

 

手元にあるお金が増えればその分給料日まで余裕で繋げられるはずですが・・・
もらった分だけ使うのが人の性ですが・・・

 

まとめ。

 

ようは足りないなら借りるか、節約するか、収入を増やすかしかありません。どれも知恵を使って実践するとそれ自体楽しいですし、給料日までお金が足りないこと自体に悩まなくなります。